石垣島の夜のダイビングの魅力と注意点

ダイビングと言えば、日中に楽しむアクティブティと思っている人は多いでしょう。
確かに夜はしっかり休息し、翌日に備える事も重要です。
ですが、石垣島にダイビングに訪れたのであれば、夜のダイビングもオススメです。

石垣島は夜のダイビングがオススメの理由

夜だと太陽の光が届かずに、海中が暗くて、魚や珊瑚が見えないのでは?
それに魚も夜はあまり活動をしないので、見ごたえがないのでは?

そんなふうに思う人もいるでしょう。
確かにそれも一理あります。
しかしながら、石垣島の場合は、夜でも見どころは満載なのです。

石垣島の夜空では、南十字星を見る事が出来ます。
日本で南十字星を見る事が出来るの?と不思議に思う人もいるかもしれません。
ですが石垣島は、沖縄の離島にあり、12月~6月までなら地平線でギリギリ南十字星を見る事が可能です。

それに星空が思った以上に明るいので、周囲が真っ暗になる事はなく、星空も楽しみながら、ダイビングも楽しむ事が出来るでしょう。

海中では、夜しか見れない珊瑚の産卵シーンを見る事が出来たり、夜行性の生物と出会う事も出来ます。

また夜に出歩く事で、ホタルに出会えるかもしれません。
しかも石垣島のホタルは、種類が豊富で、生息期間がそれぞれズレているため、季節に関係なく、通年ホタルを見る事が出来ます。

本土ではなかなかホタルを見れる機会が少ないですから、石垣島に訪れたら、ぜひホタルを見て下さい。

夜のダイビングの注意点

夜にダイビングを行う場合、必ずライトを使用するようにして下さい。
海中では、お互いの存在をライトで確認し合います。
そのため、絶対に電池切れが起こらないように、予備のライトも携帯しておくと安心です。

ただし人にライトを向けてはいけません。
いきなりライトを向けられると、驚いてパニック状態になる可能性があります。
また夜のダイビングは、日中と比べると海の状況を把握しづらいため、流れが早いところは避けて無理をしないようにして下さい。